医療/病院専門のホームページ制作会社ファーロ / 現場のホンネ

病院,クリニック、医療機関のホームページ作成。増患対策の実績,デザイン,SEOノウハウまで現場の声を紹介

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ホームページ制作とリース

ホームページ制作 リース」と言うキーワードで検索してファーロのサイトに来てくださる方が大変多くいらっしゃいます。大概、上記のキーワードにもうひとつ「危険性」とか「メリット」とか「契約」とかがついてきます。

想像するに、ホームページを制作しようと思われる先生方はリースに大変不安なのだろうと感じております。毎月数万円近いお金を払い続け、リース期間が終わっても所有権は残らないのですから。

確かに初期費用は抑えることが出来ます。減価償却資産として計上できます。しかし・・・

最近も2件、リースであるために、不満だが解約できないと言うケースの相談を受けております。
あえて当社の考えるホームページ制作管理、リース契約のデメリットだけ列挙します。
(あくまで当社の私見です。。。)

■初めては初期費用の安さに引かれてリースの使われて実際にホームページをもたれるとその「威力」にもっと上手に活用したいと考え、新しくリニューアルしたくても、さらにリース料が増えるので手を入れられない。

■または、はじめは今の会社でいいと思ったけれど、新しい技術が出てきたので、そうした会社でSEO対策なども含めてやりたいけどリースが切れない

■または、WEB制作の業界相場が下がってきたので「高品質、低価格、SEO対策実績」などからリニューアルしたくても出来ない

行き着くところ、技術や検索エンジン、社会環境の変化するスピードは早いのに、契約だけは数年前の「意思決定に縛られる」ことの理不尽さや歯がゆさなのだろうと思います。

現在のファーロの制作費は一括で減価償却可能になっています。(資産ではなく、消耗品として計上できます)
社会の変化のスピードの中でも、WEBの世界の変化の速さは驚異的です。「数年前の意思決定」に縛られることなく、その時々でのベストチョイスを出来るようにしておくことがベストチョイスなのかもしれません。

ホームページの制作会社など星の数ほどあります。どの会社で制作されるにしても、リース契約をお勧めする会社だけは「顧客のメリットより自社の目の前の売り上げを優先」しているのだろうかと思ってしまいます。

| 医療 | 17:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://faromedical.blog24.fc2.com/tb.php/9-e5f259b5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。